薬

乳酸菌サプリで腸内美人|きれいは腸から作られる

乳酸菌の腸での働き

サプリメント

胃酸と乳酸菌

乳酸菌は、乳製品を食べることでも摂取できますが、乳製品は胃の中で胃酸によって分解されます。その際に乳酸菌もほとんど分解されてしまうため、腸まで行き着くことができるのは、ごくわずかということになります。ところが乳酸菌サプリなら、胃酸で分解されないような物質でコーティングしてあります。また、そのような物質で作られたカプセルに入っている乳酸菌サプリもあります。いずれの場合も、胃酸の影響を受けることなく、腸までしっかりと行き着きます。そして腸でコーティングやカプセルが溶けて、中から多くの乳酸菌が出てくるという仕組みになっているのです。そのため乳酸菌を十分に摂取するためには、乳酸菌サプリを利用することが大事と言えます。

ストレスから腸を守るため

腸に行き着いた乳酸菌は、まずは腸内をほどよく酸性の状態にしていきます。それにより、腸内での雑菌の繁殖が防がれ、便秘や下痢などの排便におけるトラブルが生じにくくなります。また、腸内には多くの免疫細胞があるのですが、腸内の環境が良くなると、その免疫細胞が活性化します。すると、体がウイルスや細菌の影響を受けにくくなり、感染症の発症が防がれやすくなります。腸内の免疫細胞は、ストレスの影響を受けて減っていきます。ストレス社会と言われている現在では、ストレスにより免疫力が低下し、体調不良を起こす人が多くなっています。それを防ぐためにも、乳酸菌サプリを飲むことは有効と言えます。日頃から積極的に飲んでおくことで、ストレスから腸を守りやすくなるため、利用する人は増えていくと予想されています。